ほんのひととき

本で解決。悩めるアラフィフ本の虫のおすすめ。

ワークショップ

楽しい授業に参加してきました!

本来ならWeb授業だけで卒業可能なんですが、何時間も動画を見て、レポート悩み考え書いて提出。
慣れない私はこれだけでとっても苦戦。

そんな中、もう一度行きたいと思っていた21世紀美術館で単位のとれるワークショップが開催されると知ったらば・・・

行かねば!

確かに遠い。近いようで遠い。
日本海側の沿岸を沿って北上するんだけど、車で3時間半。
電車ルートだと、結構な乗換回数だし大回りにもなる。お金も時間も心配。

結局、休みだった旦那さんに金沢行こうよ~
(私は授業だけど)観光しなよ~と誘い出し、交替で運転をして参加してきました。

昼から5時間弱、楽しんで単位が取れるなんて!
なーんてこたない。1600字でレポート2種類書いて提出でした(笑)
あぁ大学生って ほんとレポート地獄「(≧ロ≦) 

で、どんなワークショップだったかというと

『美術館の鑑賞者の中で「ボーダーの服」を着ている人にインタビューし、なぜボーダーを着る人が多いのかを調査し、仮説を考える。 グループに分かれて、リサーチし、結果を模造紙にまとめ、プレゼンテーションする。 各グループは、グループのユニフォーム(ボーダー)として、Tシャツを制作する。』

私達のチームは女性ばかり4人。男女混合がほとんどでした。
年齢層は若い人は少なく、アラフォー以上が大半だった気がする。

で、ユニフォームは、私はセンスないし、お任せ。したらば

ミツバチのような(工事現場のような)(鬼太郎のような)ボーダーのユニフォーム?になりました(笑)
マジックで描くのかもしれないと、安いメンズの白Tシャツにしましたが、実際は色んな色のガムテープを貼り付けて作成しました。

セブンイレブン柄だったり、チームそれぞれ特色あるボーダーデザインでした。
ただね、ガムテは臭い!あと、突っ張るので着づらかったです(-_-;)

さぁ飛び立て!と各チーム21世紀美術館の中走り出す!

たまたまボーダー着ていた人は、いきなり謎のガムテボーダーの一軍からインタビューに狙われるんでたまったもんじゃないですよね(笑)
インタビューした証拠写真(チェキ)を撮るんですが、逆に記念にコチラも一緒に写真撮らせてくださいと言われたのが何回かありました(笑)

f:id:yukinkoron:20190720193508j:plain
みんなに行け!って言った先生が
「すごい光景だ。奇抜なボーダーが走り回ってる」って笑ってました。
それはないでしょヾ(-Д-*)

でもね、このワークショップは、公園のような美術館を目指している21世紀美術館だからこそ開催出来るんだなぁと思いましたよ。
美術館のキュレーターの方の話も面白かったし、後の発表会も面白かった。

半日数時間でインタビュー出来るのなんてどこも5人前後ほど。
まとめる時間もシビアで、模造紙が埋まらない。
でもさすが社会人学生達。そこは話術でカバー!
観点もそれぞれ違っていて、発表がとても面白かった。
我がチームも面白い!とほめていただきました(≧∇≦)ノ

チームになった3人の方は年齢はバラバラですが、皆さん4年生で今年卒論。
でも単位取得と卒論作成同時進行は厳しいと言っておられました。
学部も勉強スタイルもそれぞれ違うけど、入ったばかりの私には貴重な情報。
また情報交換しましょう!とLINE交換して解散しました。

やっぱり実際に他の生徒と出会う授業はいい励みになります。
また来年も近くで開催される授業をみつけて参加しようと思います!

最後に片道3時間半。
金沢まで便乗して運転してくれた旦那さんにはほんと感謝です<(_ _)>
ありがと~