ほんのひととき

本で解決。悩めるアラフィフ本の虫のおすすめ。

それでいい

自分を認めてラクになる対人関係入門!!
え?ツレが鬱になりましての作者の細川貂々さん?
どんな話だろうと手に取りました。

それでいい。

それでいい。

 

ネガティブクィーンだとは知らなかった(ΦдΦ)ビックリ。

毒親とか毒母の話は世間でも話題なので、自分も母であり娘がいる、また自分自身も娘である。子供に自分の影響が多大にでるということは、ものすごく恐怖です。
自分も、母を反面教師にしてる部分、自分が受けた影響がそのまま出てる部分もあったり、子育てって責任重大でほんと怖いですよね。

自分が窮屈なとこに押し込められる、枠に当てはめられることが大の苦手だったので、その点では全く言うこと聞かない子だったので、痛い目にあいな!と わりとほおっておいてもらえたので、気持ち楽でした。

出来るだけ自分も過干渉にならないように気を付けたつもりだけど、どうだったかなぁ
私からみたら、とてもいい子に育ってると思うんだけど、本人たちも自身で乗り越える部分がたくさんあっただろうなぁと思う。

さておき、この貂々さんは母親からすごいこと言われています。

あなたは何もできない子だから何もしなくていい
人には自分のことを悪く言いなさい
嬉しいとか楽しいとか喜んでいるところを見せちゃいけない言っちゃいけない
ネガティブな自分を演出して生きるのが人生をうまく生きる秘訣
どうせ人生なんていいことなんて何もない
だからいつも絶望して生きなさい

信じられない!お母さんは人生で何があったんだろう!
反発もせずにそれに従ってたなんて、なんて純粋な子

で、ネガティブ思考で育ってきたわけで、生き辛いわけですよ。
でもネガティブなんだから仕方ないじゃん。
大切なのはココ!仕方ないじゃん。って自分を認めてあげる。

人に嫌われるかも?もしもネガティブで人に嫌われることがあるとしたら
「そんなことないよ」って人に言わせてしまうシチュエーション。
「わたしなんてダメだし価値ないし・・・」というような
反応(行動)を誘導するコミュニケーションをとっているかも。

よくある!ネガティブな人によくある!これ答えに困る!!
相手は何か言わなきゃとプレッシャーになり、頻繁だと困って避けるようなる。
わかるー!

どうすればよいか?
文面ではニュアンスが伝わりづらいので…本読んでください(^^;

他にもあるある!と思ったのは、

人と人は、相手に何かしらの役割を期待しています。
その期待がお互いにぴったり合っていると、人間関係がうまくいくけど、合っていないとズレが出てきて人間関係が難しくなってくる。

 うんうん。同じ相手でも、うまく合うときと、合わないときが人生の中で、波のようにある気もする。その中で「自分を苦しめる勝手な思い込み」が発生する。
相手はそんなこと思ってもいないのに、自分で勝手にこうなんじゃないかとか思ったり…
あるいは、相手に自分の気持ちがちゃんと伝わっていると思い込んでいたら、全然違う意図だったりとか…あ~意思の疎通って難しい。

案外自分の気にしすぎってこともあるしね~
人のことばっかり気にしてたら生きていけない。
そりゃある程度は配慮するけど、基本は自分を大事に。

ノンストレスは無理だけど、こころを軽くするのに一読されてはどうでしょう。