ほんのひととき

本で解決。悩めるアラフィフ本の虫のおすすめ。

やめるという選択

体がすっきりしないと、ふとなにか変えてみたくなりませんか?
お金をかけて何かをしたいわけでもない。調子が悪い現状を変えるなにかないものか。

私はついつい、なんか悪い念がとりついているんじゃないか、なんて「気」のほうを疑ってしまうので、こんな本を買って読んでみました。 

浄化でハッピー! (コミックエッセイの森)

浄化でハッピー! (コミックエッセイの森)

 

 レビューにもあるように、一人暮らしだから出来ることが多いのですが、ふと「これは!」と思ったことが。
それは「砂糖」をやめる。「小麦」をやめる。
摂取制限するだけですんなり痩せたと。

私はその頃、一日中座りっぱなしの仕事でほんとにトイレに行くくらいしか歩かない生活をしていて、お腹、太もも周りに脂肪がたまり、体重も人生最高になりました「(≧ロ≦) 
しかも一人ぼっちの職場だったので、誰かと会話することもなく帰宅することもあり、仕事もそんなに忙しくなく、このままでいいのか?と半分ウツ気味だったかもしれません。
お腹もすいていないのに、ストレス発散に何かを噛みたくてお菓子をつまむ日々。

これダメだよ。ほんとに!座りっぱなしは死亡率が高いと世間も言っている。危機感を感じて、最初の第一歩として、白砂糖の入っているお菓子やめよう!と決意しました。
できれば小麦も。でもパン大好きだから、朝食のパンだけはOKとしよう。お菓子からは排除しよう。

お菓子の裏面見て買い物するようにしたら、ほとんどの食品に砂糖も小麦も入っていますね。結果、豆まきの豆、素のナッツ、ドライフルーツとなりました。
食べなきゃいいのに!って思うでしょ。でもね一人きりで時間持て余していると…イライラしてなにか噛まずにいられないの。ガムも砂糖入っているしねぇ

でも、たったこれだけだったけど、効果ありで、体重が落ち着いた!運動なんて昼休みの職場まわり20分ほど歩くだけなのに。
家でも白砂糖は使わず、キビ砂糖など精製してないものを使っています。

気や霊を浄化したわけではなく、体の浄化をしたわけですが、これが正解でした。ストイックにやめるわけではなく、たまの友達とのお茶タイムには、今日は特別!とケーキを美味しく楽しく食べるようにしています。このメリハリがいいですよね。

その後に読んでみたこちらの本。「やめてみた」

やめてみた。 本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方

やめてみた。 本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方

 

ここにも白砂糖やめてみた。という項目がありました。料理ではミリンで甘味つけられることも知りました。なるほどー!

他に共感したところは、「モヤモヤする友達関係」をやめる。
わかるー。長年の友達でも、それぞれのライフスタイルのタイミングで話が合う時、なんだかズレを感じる時がある。それぞれに絶頂期の時、低迷期の時と違ってて当たり前だし、無理してずっと定期的に連絡取ったり会ったりしなくてもいい。
タイミングの会う時はまた来るわけで、そんな時でも、特に意識なく普通に「おー!久しぶり~♪」なんて近況報告なんか始まったりする。

自分が落ちてるときって、人に会うと愚痴ばかり聞かせてしまって楽しくないでしょ。アドバイスって言ったって、結局その人自身が思っている行動しかしないんだよ。
気持ちがまた上がった時に、こんなんやってん!大変やったわ!って、後日談として笑って話せるほうがいい~♪

課題としては、私もすぐ「すみません」って言ってしまうのを「ありがとう」に置き換えれたらいいのになと思う。これがなかなか難しい。

もっと、やめてみた。

もっと、やめてみた。

 

 続編も出ているみたいなので、読んでみたい。
人によって参考になる、ならないがあるけれど、ピンときたものはチャレンジしてみたいかな~