ほんのひととき

本で解決。悩めるアラフィフ本の虫のおすすめ。

ライフオーガナイズ

今日は片付けについて突っ込んでみます。
数ある片付け本の著者の肩書に注目しました。ミニマリストとか、だいたいはブログからの出版している無資格者なんでしょうが、資格保持者となると、どうやら流派があるみたいです。

多いのは、整理収納アドバイザー:ハウスキーピング協会
これはそのまんま、会社やお家の整理収納ですね。
有名な「幸せ住空間セラピスト古堅純子さん」もこの資格保持者。しかし自身で発展させて整理収納セラピストとして、片付け後のお手入れお掃除までひっくるめてしてくれます。

ときめきの「こんまりさん」も資格保持者との噂ですが、ご自身で片付け資格作られています。ときめき片づけコンサルタント:日本ときめき片付け協会 片づけへの情熱がすごすぎますね!私には向かなかったけど(^^;

通信講座でよく目にするのが、収納マイスター:日本生活環境支援協会 でもこの資格保持者の出版本は見かけないなぁ。実践的な内容なのになぁ。

そして今回タイトルにも書いた、ライフオーガナイザー:一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

ライフオーガナイズの教科書

ライフオーガナイズの教科書

  • 作者: 一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2017/03/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

こちらの出版本は多いです。前記事で紹介したのもそうです。
実は私、目からうろこが落ちた時、もっとちゃんと知りたい!とライフオーガナイザー2級の講座に申し込みました。どの資格もですがなかなかのお値段します。気軽なおケイコ気分の金額ではないので、実際に講座受講されている方々、真剣な人ばかりでした。

親の家が荒れていき片付かない。それを自分もどうしていいかわからない。仕事で訪問するお宅でなにかサポートできるか、。僚のデスク周りがすごいことになっているけどどうにかできるのか。終活をしたいけどモノが捨てられない。子供が生まれてからモノが増え続けている。使えるものは捨てられない。ライフオーガナイザーになって仕事したい!等々、人それぞれ目的が違います。

自分に活かしたい、人のために活かしたい、様々な人のいろんな考えや状況を踏まえて一日講習受けました。2級は知識だけで、実際に人へアドバイスしたり仕事にするには1級の資格取得が必要になります。これまたなかなかの金額です。

それだけの投資をするからには、ガンガン働いてアドバイスし、出版もしないと!なんだろうなぁと思いつつ、私はとりあえず、自分に向いたお片づけをしていこうと思います。
うちは旦那さんも同じ利き脳タイプなのですが、どちらもマイルールがあるので…意見がぶつかります。スムーズにいい方法が見つけられませんが、年末の大掃除のような機会に、断捨離してモノを減らし、話し合って使いやすいように収納していきたいと思います。

「どんな部屋にしたいのか」完成を最終形態を思い描くことが大切で、そのイメージに近づけるよう、自分の持ちモノを全て出し、分類し、しまう。
使いやすい収納を維持できるよう不便を感じたら、検討しなおすことが大事。
このプロセスはどの流派も同じです。収納の仕方、考え方に差があるだけです。

片づけ方の向き不向きは、ぜひ利き脳タイプ参考にしてみてください。