ほんのひととき

本で解決。悩めるアラフィフ本の虫のおすすめ。

料理センスもゼロ

私が最も苦手とするもの!料理!
まったくセンスゼロ(´・д・`)ゞレシピ通り作っても味見をしていてもなんか微妙に仕上がる。まれに美味く出来るときもあるけれど「奇跡」であって二度と再現できない。

たくさん調味料や食材を揃えないといけない料理。
手順や工程が複雑な料理。

 無理…「(≧ロ≦) 覚えられない。

そもそも、母親がとても料理好きの料理上手。外食よりも自分の料理が一番!と言う自信の持ちよう。でも実家は団地で、台所は狭く、二人も入るとキュウキュウで料理が出来ない。まだ高校生くらいの私に、母が何度か料理を教えようとしたけど、どんくささにイライラして結局途中で取り上げる追い払うんです。こんなの料理しようと思う気が起きるわけがない。

それでも現在は主婦歴20年以上なので、なんとかやってきたわけですよ。レパートリーが少なくても、微妙な味付けでも、家族は耐えてきた(笑)
でもね、段取りだけは一人前で、料理を数種作りながら、完成の際には、使った調理器具の洗い物も同時に終わらせることが出来るんです!(美味しく出来ているわけではない)
料理上手な母の、料理の後の山盛りの洗い物を見てきた反動でしょうか。

そんなこんなで今現在も、味付けやレパートリーについて日々模索してます。いろんな料理本を見てきて、食材も調理過程もシンプルで簡単で覚えやすいもの(←やはり記憶力に難?)があれば、コピーしてマイレシピファイルを作っているわけですよ。 

オトナになったセイシュンの食卓

オトナになったセイシュンの食卓

 

 これご存知?私が20代の頃、文庫本サイズで出版され流行った料理本。
たけだみりこさんの漫画が普通に面白く、料理は超手軽レシピ!というか、ホントにこれで大丈夫??と思ってしまう食材と工程!でも、なかなか手軽で美味しいものがあり、活用していました。

それがこの度、大型本で「オトナになったセイシュンの食卓」として出現!普通に嬉しい。懐かしくて手に取りましたが、内容は…以前と変わらず(笑)
大人になった点は、中高年に優しいメニュー。肉や脂っこいもの無し!の内容。

気になった「エビレンコン餃子」絶対試したい。餃子大好きだけど、胃もたれするし、最近はニンニクが苦手。まだ試していませんが時間のある時にチャレンジしますd(-_☆)
速攻作ってみたのは「塩ツナじゃが」
塩だけの味付けが不安だったけど、家族にも好評。

体に優しいのがありがたいお年頃。最近覚えたのが胡麻和え←今頃!?
これ簡単なんですねぇ。ずっと面倒な料理だと思っていた(^^; どんな青野菜にもいけるし万能!
そしていよいよ「塩麹」なる調味料もゲットしました!←今頃!?
万能選手になってくれることを祈って。

私のようにセッカチで大雑把で記憶力が怪しい人にも良いレシピ本。まだまだ求めて日々精進しますー!(≧∇≦)ノ